BUSSINESS & INTERVIEW
仕事・人を知る

INTERVIEW 01

2018年入社 Y

お客様の「ありがとう!」が
やる気と成長の糧

※当社は社員の個人情報の扱いに最大限配慮する
方針のため個人を特定できる情報は掲載しません。

インストラクターの仕事内容

システム導入の進行役 地域医療連携システムfirstpassのシステム導入支援業務(運用設計、ユーザー打合せ、操作教育、稼働立会い)を担当します。また稼働後のサポートを電話などにより行います。
ユーザへの訪問は医療機関の規模や導入システム数等により5~10日間で対応しますが、基本的にパッケージシステムであるため、ユーザー要件などの分析のような難しい作業は発生しません。

代表の感性に共感してエントリー学生時代。家族の入院という出来事がありました。その時の私には、家族のためにできることが少なく、そのことをずっと悔やんでいました。
その後「ペイ・フォワード 可能の王国」という映画を観る機会がありました。日本では2001年に公開された映画ですので、ずいぶん昔の映画です。
「ペイフォワード(善意を人へ受け渡す)」という思考が多くの人に受け渡され「世界が幸せになる」というストーリーなのですが、その映画を観た時、家族が入院した時に感じた自身の 悔しさも思い出され、「私もそんな風に行動したい!」と思い、家族を支えてくれた「医療業界」に貢献するべく、職種を問わず幅広く、医療業界に関係する仕事を探す中でfirstbreathに出会いました。

この会社の採用募集にエントリーしようと思ったのは、社名の由来に纏わるエピソードがきっかけでした。
会社概要に掲載されておりますのでぜひ見ていただきたいのですが、そのエピソードを通じて代表の感性に響くものを強く感じたことでした。
『・・・会ってみたい。』
小規模な組織であるならば、できる限り「自分がついていきたい」「一緒に仕事がしたい」と思う人に囲まれた環境に属することが重要だと考えていたので、シンプルにそう感じました。
結果としては、今このように、自分の働いている会社を紹介しているくらいですので、よい方々に巡り合えたと思っていますし、人のご縁というものは不思議なものだなと感じています。

感謝をいただける瞬間の充実感インストラクターが担当する役割をひとことで言うならば、「医療システムの導入支援業務」です。
弊社システムの導入を決定していただいた全国(担当によっては北海道内のみ)のお客様を訪れ、システム導入に係る手順・スケジュールなどの打合せを行うことや、システム利用者への操作説明、 稼動立ち合いなどの一連の導入関連業務を担当します。

弊社のシステムは「自社パッケージ」なので、基本的にはシステム標準の仕様をそのまま、お客様へ提供する事がほとんどですが、お客様の現在の運用をヒアリングした際に、弊社のシステムでは カバーしきれない部分や、カスタマイズが必要となる事もあります。
その場合は、個別の交渉を行ったり、無償範囲内で代替案を考え、ご提示するなど、稼動に向けて立ち向かわなければならない課題や困難は多々発生します。
しかし、何とか無事に稼働日を迎え、立ち合い終了時に職員の方から深々とお礼の言葉をいただいたときは、やはり大きな充実感を感じます。

この仕事を通して課題解決スキルもつきますし、精神力も試されます。
firstbreathに参加して一年経過した所ですが、振り返ると自分が大きく成長していることを実感しています。

導入支援業務以外の役割としては、最近では、営業支援として展示会の対応や販社様支援等も担当しています。
展示会などでは、これから導入を検討いただける方々とお話ししますので、システム導入時のメリットや要点についても、インストラクターの視点から、具体的にご説明するようにしています。

ライフワーク目線で一緒にお仕事をしましょう!役員との距離が近いこともあり、自分の意見を親身に聞いてもらえたり、自分の提案がスッと採用されることもありますので、そういった点はステキな所だと感じています。
特に「導入業務」では裁量権を持って仕事がしたい方や、自分の意見を積極的に発言したい方には魅力的だと思います。
医療業界のカルチャーとしては「商談時はスーツ」というのがまだまだ一般的ですので、普段はスーツで仕事をしていますが、社内のカルチャーとしては客先への外出予定がなければ、私服勤務もOKです。
スニーカー通勤もできますので足元も楽ちんで、リラックスした気持ちで仕事も取り組めます。

私のインタビュー記事をここまで読んでいただいている皆様へ。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
これから一緒にお仕事をするかもしれない方と思いますので、私の気持ちや思いとしてメッセージをお伝えさせていただきます。

与えられた仕事をこなすだけではなく、自分がどのように仕事をしていきたいか、どのように行動すれば、良い環境になるかを一緒に考えながらお仕事をしていきましょう!
小規模な組織は良くも悪くも、少数精鋭です。不満をぶつけるだけではなくどのように改善したら良くなるか一緒に考えていける方であれば活躍していただけると思います。
困ったときはフォローもできますので、仕事を「ライスワーク」ではなく「ライフワーク」と捉えている方、お待ちしています!

一覧に戻る